スペシャルコンテンツ

外壁塗装のナゾを解決,一問一答 外壁塗装のナゾを解決,一問一答
外壁塗装は安い買いものではありませんから、絶対に納得できる結果を得てほしいです。
初めて外壁塗装をする方は、わからないことだらけで不安もあることでしょう。
この道28 年のベテラン平林が何でもお応えしています。
ご質問は、サイト右上の黄色い「お問合せ」ボタンからお気軽にどうぞ!
その他のこと保険やお金のこと塗り替え時期のこと業者や技術のこと
Q.
チョーキング現象ってなに?放置していても大丈夫なもの?

最近、以前に比べて自宅の外壁が少し古くなってきたような気がすると感じることはありますか?
もしかすると、「チョーキング現象」と呼ばれる劣化症状が現れているかもしれません。
外壁は年月が経過すると、少しずつ劣化症状が現れてくるものです。
しかし、チョーキング現象が起きていると言われても、どうやって落としたらいいのか、対処法に困ってしまいますよね。
今回は、外壁のチョーキング現象について原因や対処方法、さらに放置するリスクをご紹介します。

こたえを見る
Q.
外壁のコーキングって、どのくらいで乾くの?
コーキング工事に必要な時間はどのくらい?
喜多社長

外壁塗装を行うにあたって、コーキング部分の基礎知識を把握しておくことも大事です。
外壁と同じく、コーキングを綺麗に仕上げるためには、乾燥が重要なキーポイントとなります。
コーキングが乾燥不十分であると、どのようなリスクがあるのでしょうか?
また、コーキングが乾く時間も気になりますよね。
今回は、外壁のコーキングの硬化時間や乾燥不足によるリスクについてご紹介します。

こたえを見る
Q.
タイルの外壁は、メンテナンスが不要って聞いたけど本当?
和田

「外壁にタイルを使用している場合は、メンテナンスが不要」
このようなことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際は全くメンテナンスが必要ないという外壁材は存在しないのです。
外壁タイルのメンテナンスを怠ると、どのような結果が起きるのでしょうか?
今回は、外壁タイルにおけるメンテナンスの必要性や施工方法についてご紹介します。

こたえを見る
Q.
外壁の目地が黒ずんでいるけど、何か問題が起きてるの?
Category : その他のこと
木中

せっかく綺麗に塗装したにも関わらず、黒ずみができてお困りではありませんか。
しかも、擦ってもなかなか簡単に取れるものではないでしょう。
外壁に黒ずみがあると、目に付きやすくどうしても気になってしまいますよね。
目地部分に起きる現象を「ブリード現象」と言います。
この目地の黒ずみ、ブリード現象を防ぐためにはどのような方法があるのでしょうか?
今回は、ブリード現象が起きる原因や防止策についてご紹介します。

こたえを見る
Q.
コンクリート風のおしゃれな外壁に興味があります!
どのような塗料を選べば良いのでしょうか?
木中

コンクリート風の住宅は、モダンな雰囲気がありおしゃれな感じがありますよね。
外壁塗装に用いる前に、塗料に関して把握しておくことは大事なことです。
どのような塗料を選ぶと、コンクリート風に仕上げられるのか気になる方も多いでしょう。
コンクリート風に仕上げたい場合は、「コンクリートエフェクトペイント」という塗料がおすすめです。
今回は、コンクリート風の塗装に用いられる「コンクリートエフェクトペイント」についてご紹介します。

こたえを見る
Q.
外壁の雨だれの汚れって、簡単に落とせるの?

外壁の雨だれは、放っておくとこびりついた汚れがなかなか落とせずに困ってしまいますよね。
住宅の見た目も劣化してしまうので、できるだけ早く除去しておきたいものです。
特に、ホワイト系や明るいカラーの外壁の場合は、雨だれの汚れが目立ってしまいます。
外壁の雨だれの汚れを簡単に落とす方法はあるのでしょうか?
また、掃除する手間を省くための防止策についても気になるところです。
今回は、外壁の雨だれの汚れを除去・防止する方法についてご紹介します。

こたえを見る
Q.
玄関ドアの塗装を綺麗にしたい場合は、どうしたらいいの?

玄関ドアは、人が出入りする場所であるため汚れがあると気になってしまいますよね。
しかし、外壁と同様で年数が経過すると共に、色が剥げてきたりサビが発生するなどの劣化症状が現れてしまいます。
取り換える方法もありますが、まだそこまでは必要がない場合はどうすればいいのでしょうか?
今回は、玄関ドアの塗装が必要なタイミングや施工の流れについてご紹介します。

こたえを見る
Q.
メンテナンスが必要ない外壁は存在するの?

外壁塗装は、外観を綺麗にするだけでなく、住宅を守るためにも大切なことです。
定期的にメンテナンスを行うとなると、時間や費用面の負担が掛かることからメンテナンスを抑えたいという方も多いでしょう。
しかし、全くメンテナンスを行わなくていいという外壁材は存在しません。
どのような外壁材であれば、メンテナンス頻度を抑えられるのでしょうか?
今回は、メンテナンスフリーに最も近い外壁やメンテナンスの頻度を抑える方法についてご紹介します。

こたえを見る
お電話はこちら メールはこちら LINEはこちら