火災保険を活用して、外壁塗装を安くする

Q.

火災保険を使って外壁塗装ができるって本当ですか?

火災保険は、火災以外にもさまざまな自然災害による被害をカバーしてくれます。火災保険を活用して修理し、一緒に外壁塗装をすると足場費用が浮くのでおすすめです。

和田

自然災害の跡があれば火災保険を活用できます

火災保険は、建物の損害を補償する保険です。
火事だけだと思われがちですが、実はさまざまな自然災害が補償対象です。

台風で物が飛んできて外壁に傷がついた、雪でアンテナが倒れてスレートが剥がれたという場合、火災保険で修理や塗装ができます。

しかも、火災保険は意外とすんなり全額出ます

たとえ地域全体で自然災害の被害が出ていても、保険屋さんからは連絡してきてくれません。自分の契約している保険内容を把握して、使える場合は賢く使いましょう。

火災保険がカバーしていないのは震災くらい

ほとんどの火災保険は、以下の自然災害を補償対象にしています。

  • ・火災(ガス漏れなどによる爆発、落雷)
  • ・水災(洪水、高潮、土砂崩れ)
  • ・風災、雹災、雪災
  • ・水漏れ
  • ・落下、飛来、衝突(自動車の飛び込みや飛び石、周辺建物からの落下物による損害)
  • ・盗難

もちろん契約内容は契約ごとに違いますが、ほとんどの場合、水災害、風災、雪災が含まれます。
火災保険がカバーしていない天災は、地震くらいです。
また、経年劣化や故意に自分で破損させた箇所には保険が下りません。

修理と同時にメンテナンスをすると足場代が浮く

こう言うと誤解を招きそうですが、外壁や屋根の塗り直しを考えている方は、自然災害による被害箇所があったらラッキー。火災保険を使って修理をするタイミングで、塗装も一緒にしましょう。
一軒家の外壁塗装をすると、足場代だけで30~40万円かかります。修理のために保険を使って足場を組めれば、同時に外壁塗装をすると足場代が丸ごと浮きます。

もちろん、保険屋さんに請求するのは修理費と足場代だけです。メンテナンス目的の外壁塗装は、請求できません。

壊れやすいが補償対象になるのが、雨樋

家のエクステリアで一番壊れやすい場所は、雨樋です。
台風で雨樋が外れた、大雨で雨樋が傾いた、雪の重みで雨樋が歪んだなど、すべて火災保険の補償対象になります。

保険の申請をする際は、修理業者の見積もりを出すだけでOK。
外壁塗装を考えているなら、台風のあと、大雪のあとに雨樋をチェックしましょう。下から見て回るだけでも、破損が分かることが多いです。

ただし、保険を申請すると鑑定人が現場に立ち会っての検分があります。
相手もプロなので、保険金欲しさに雨樋をわざと壊すようなことをすると、ほぼバレますよ。

保険屋さんから、工事内容を交渉されることもあります

破損箇所が少ないなら、家全体に足場を組む必要はありません。
また、軽度の修理のためだけに足場を組むのはもったいないです。
だから、保険屋さんから「この修理は足場を組まないとできませんか?少しならはしごでやれないですか?」と交渉が入る場合があります。

足場は職人の安全や品質のためにあるので、「何かあっても責任取れないですよね……」と返事をすると、たいていは請求通りの額が出ます。法外な額を請求しているのでなければ、まず問題ありません。

保険金だけ取っていく塗装業者って?

ここまでの話は、別に裏技でも何でもありませんが、火災保険を裏技的に使っている塗装業者もあります。
実は、火災保険は実際に修理をしようがしまいが保険金をもらうことができます。
見積書の段階で請求ができるので、請求書も領収書も要らないのです。
これを悪用している業者があるので、気をつけましょう。

高額な見積もりを出し、手数料として保険金の何割かを要求するという手口です。
保険金さえおりたら、「どこか安い業者を探してくださいね」と去っていきます。
実際は工事をしないのに保険金を受け取るのは、詐欺行為です。

そういう業者は地元で長く仕事ができませんから、大抵の場合、遠方から来ます。
地元ではない会社が遠征してきて、「手数料を払えば保険金の請求をしますよ」と言ってきたら門前払いを。

以上、和田がお答えしました!

外壁塗装のナゾを解決の一覧に戻る 同じカテゴリーの疑問を見る 疑問を送ってみる!

このページに掲載するかどうかはお約束できませんが、お問合せには必ずお返事しております。
何でもお気軽にお問合せください。

お電話はこちら メールはこちら LINEはこちら