外壁のチョーキング現象とは?落とし方や放置するリスクについて解説!

Q.

チョーキング現象ってなに?放置していても大丈夫なもの?

最近、以前に比べて自宅の外壁が少し古くなってきたような気がすると感じることはありますか?
もしかすると、「チョーキング現象」と呼ばれる劣化症状が現れているかもしれません。
外壁は年月が経過すると、少しずつ劣化症状が現れてくるものです。
しかし、チョーキング現象が起きていると言われても、どうやって落としたらいいのか、対処法に困ってしまいますよね。
今回は、外壁のチョーキング現象について原因や対処方法、さらに放置するリスクをご紹介します。

宇田川

チョーキング現象とは、塗料に含まれる顔料が外壁の表面に粉のような形で現れる劣化症状です。
外壁塗装の保護の役目が劣化している状態となりますので、放置する期間が長くなるにつれてリスクが高くなります。
以下の記事で詳しくご紹介します。

チョーキング現象とは?

外壁に発生するチョーキング現象の特徴

チョーキング現象が発生している外壁は、以下のような特徴が現れます。
外壁に触れるとチョークの粉のようなものが付着する
大きな特徴としては、外壁を手で触ると、チョークのような粉が付着します。 白亜化現象とも呼ばれ、白っぽい粉が付着するとよく言われますが、ベージュや少しグレーっぽいなど外壁色によって粉の色は異なります。 このときに、外壁に付着している汚れや埃とチョーキングを勘違いするケースもよくあります。 しっかりと粉のようなものの色が付着すると限りなくチョーキング現象に近いです。 しかし、見極めが難しい部分がありますので、怪しいと感じた場合は業者に依頼して確認をしてもらいましょう。
外壁が濡れたときに変色する
チョーキング現象が発生している外壁の特徴として、濡れたときに色が変わるということが挙げられます。 ひび割れが起きているわけではないので、劣化症状と知らない、気付かない方もいるかもしれません。 変色は、塗料の性能が正常に機能していないというサインになります。 何も問題がない場合は、変色することはありませんので、違和感を感じた場合は早めに対処しましょう。

外壁にチョーキング現象が発生する原因

雨水や紫外線などの影響によって塗料が劣化する
チョーキング現象の1つ目の原因は、雨水や紫外線などの外的要素の影響が蓄積した経年劣化です。 外壁は、雨水や紫外線に常に晒されており、影響を大きく受けます。 前回の塗装から5~10年経過すると、雨水や紫外線などの外的要素の影響により塗料に含まれる成分が分解されていきます。 塗料に含まれている顔料は本来、粉状の物質です。 塗料に含まれる顔料が劣化することで、表面に粉状として現れる現象がチョーキング現象となります。 そのため、紫外線や排気ガスなどが直接当たりやすい箇所は、他の箇所に比べてチョーキング現象が発生しやすいでしょう。
外壁塗装時の施工不良
経年劣化の他には、外壁塗装の施工不良が原因となります。 前回の塗装工事の際に、業者が適切な方法で施工しなかった場合にチョーキング現象が発生してしまうことがあります。 施工不良ではなく、経年劣化の場合は約10年程で症状が現れてきやすいです。 前回からあまりにも早い段階でチョーキング現象が発生した場合は、当時の業者のミスである可能性が高いでしょう。 外壁塗装や塗料に関する知識・技術が未熟な業者に依頼してしまうと、せっかく綺麗な外観に仕上げても、すぐ劣化してしまうので意味がありません。 チョーキング現象を予防する意味でも、外壁塗装の業者選定が大事になります。

チョーキング現象の落とし方

外壁塗装で補修する

チョーキング現象は、再び外壁塗装を行うことで補修します。 塗装が劣化していることになりますので、新しく塗装し直すことで綺麗な状態に仕上げます。 このときにおすすめとなる塗料が、「ラジカル塗料」です。 チョーキングを引き起こすラジカルという活性酸素の働きを抑えるという特徴があり、外壁を守ってくれる効果があります。 外壁塗装の前には、高圧洗浄でチョーキングを洗い落とします。 チョーキングを綺麗に洗い流さずに塗料を重ねてしまうと、塗料が密着しません。 劣化部分を全て取り除き、新しく塗装することで塗料の効果も再び発揮することができます。

知識や技術が必要なためDIYでは厳しい

自分でDIYでチョーキングを落とせるのではと考える方もいるでしょう。 しかし、チョーキングを全て取り除き、外壁塗装を行うには知識や技術が必要となるため、業者に依頼することが最適な方法になります。 また、高い部分も補修することになりますので、DIYで行うには危険が伴います。 安全に確実に綺麗な状態にするために、業者に外壁塗装してもらうことをおすすめします。

チョーキング現象を放置するリスク

カビ・コケが発生してしまう

チョーキング現象を放置している外壁は、カビやコケが発生しやすくなってしまいます。 カビやコケが発生している外壁は、もちろん外観が損なわれてしまいます。 また、カビがアレルゲンの一種であることから、人体にまで影響を与えてしまう恐れもあり危険です。 建物の寿命も縮み、人体に悪影響を及ぼしてしまうため、早急に対処するようにしましょう。

防水機能の低下により内部が腐食してしまう

チョーキング現象は、塗料が劣化している状態であり防水機能が低下してしまっています。 放置することで、外壁が雨水から守られなくなってしまい、内部にまで侵入します。 最悪の場合、外壁の表面だけでなく内部が腐食してしまいます。 そうなってしまうと、外壁塗装だけでは補修が間に合いません。 内部の工事も必要となるため、費用や時間の負担がさらに大きくなってしまうでしょう。

まとめ

外壁を触るとチョークのような粉が付着し、雨水に濡れると変色する症状が起きているとチョーキング現象が発生している可能性があります。 経年劣化によることが多いですが、施工不良が原因であることも少なくありません。 再び、綺麗な状態にするために、知識や技術が高い業者を選定することが大事なポイントになります。 チョーキング現象を放置していると、住宅の寿命を縮めてしまうことになりますので、少しでも違和感を感じた場合は早急に対処するようにしてください。
外壁塗装のナゾを解決の一覧に戻る 同じカテゴリーの疑問を見る 疑問を送ってみる!

このページに掲載するかどうかはお約束できませんが、お問合せには必ずお返事しております。
何でもお気軽にお問合せください。

お電話はこちら メールはこちら LINEはこちら