埼玉県狭山市/所沢市の外壁塗装工事なら「喜多建設」にお任せ

埼玉県狭山市/所沢市の外壁塗装工事なら「喜多建設」の所沢市にて外壁目地の打ち替え工事を施工中です!

安斎淳です!^^

  • mixiチェック

所沢市にて外壁目地の打ち替え工事を施工中です!

■2018/01/07 所沢市にて外壁目地の打ち替え工事を施工中です!
所沢市にお住いのS様邸の外壁目地の打ち替え工事を施工中です。2回目の塗り替え工事となります。
1回目の塗装時はだいぶ手を抜かれてる状態でしたので現状のコーキングに縮れなどの現象もおきていて酷い状態となってます。

既存のコーキングが残らない様に丁寧に撤去をし外壁内部に雨水などが回り込んでいないかなども確認致します。

綺麗に撤去後は目地にテープを貼りプライマー塗布となります。外壁塗装の塗り替え時で良くお客様が勘違いしてしうのと意外な落とし穴に引っかかってしまうのとこんな業者には注意が必要な事を少し書きたいと思います。喜多建設に見積もり依頼を頂きお客様の所で説明している段階で多数の業者と相見積りとなる事が沢山あります。その際に他社業者による内容と比較される場合、値段は勿論ですが塗料ばかりに目が行ってしまい肝心な下地処理の内容や材料の十分な説明が無くお客様を煽る営業会社があります。喜多建設ではコーキング1つにしても使用メーカなどの説明やメーカー自体の実績なども説明致します。ここ最近でのシーリングメーカーではオートン超耐シーラーTF2000にて比較検討される方が沢山います。訪問会社などでTF2000を使ってる会社がありますが喜多建設ではTF2000については1年位前にお客様自身が選んだ指定コーキングでしたので施工した事がありますが商品としての実績が浅いのか1液型で硬化不良を起こしメーカーを呼んでの大変な事になった事があります。メーカーサイドもなんでだろう?感じでしたので今の所はコニシボンド製のSRシールNB50を推奨して使っています。やはり実績がありますので各ハウスメーカー様も使ってます。近年では差別化を図るために塗料自体もOEMで販売してOEM商品に対してはメーカー保証は一切ありませんとしその場だけで施工してしまう業者が沢山いますので注意が必要ですね。下記画像がコニシボンド製SRシールNB50にて施工した写真になります。
所沢市 外壁塗装前 補修
喜多建設では細かな所まで説明をし納得行くまで丁寧に説明をし契約まで至ってもらいます。やはり誠心込めて施工するからには細かな所までもお客様に見てもらい喜ばれたいですからね^^


外壁塗装の喜多建設0120-146-610


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 喜多建設
http://kita-kensetsu.jp/
住所:〒350-1311
埼玉県狭山市中新田484-16
TEL:04-2950-6610(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇