埼玉県狭山市/所沢市の外壁塗装工事なら「喜多建設」にお任せ

埼玉県狭山市/所沢市の外壁塗装工事なら「喜多建設」の所沢市若狭 雨樋と破風板の塗装工事中

安斎淳です!^^

  • mixiチェック

所沢市若狭 雨樋と破風板の塗装工事中

■2018/01/30 所沢市若狭 雨樋と破風板の塗装工事中
こんにちは!喜多建設の田中です。

本日は所沢市若狭にお住いのD様邸にて雨樋と破風板塗装を綺麗に仕上げてます。

今日は雨樋や破風板、一般的な付帯塗装に関して書いてみたいと思います。

通常の付帯塗装は鉄部ならば錆止めを塗ってから上塗りを2回塗って仕上げます。

鉄部に関しては合計3回塗りとなります。壁や屋根と同じ回数ですね。

木部に関しても下塗りが錆止めから木部用下塗りに変更になるだけで塗る回数は鉄部と同じです。

その他の雨樋のようなプラスチックなどは2回塗り仕上げになります。仕様はケレン目粗し作業をした後、2回塗りにて仕上げます。

ケレン目粗しとは?ケレン目粗しはプラスチックなどに錆止めや木部の下塗りをしても専用塗料ではないので通常では剥がれの恐れがありますのでペーパーなどであえて細かい傷をつけ剥がれないようにする行為の事です。

ケレン目粗し以外にもミッチャクロンと言う塗料があり名前の通りミッチャク性に優れてる塗料ですのでケレンだけでは不安な場合はミッチャクロンも塗ったりします。

主にミッチャクロンの出番は新品に近いツルツルした物の塗ってミッチャク性を高めます。

D様邸に関しては以前に塗り替えした塗料の性能も劣化していますのでミッチャクロンは使用しないでも目粗しのみで大丈夫です。

早速、綺麗に掃除した後に塗って行きます。

所沢市若狭 破風板 雨樋塗装 喜多建設

綺麗に塗れた後の破風板です。

所沢市若狭 破風板 雨樋塗装 喜多建設

破風板も綺麗に塗ると見違えるほど家が引き締まります。

雨樋塗装が終わった写真です。

所沢市若狭 破風板 雨樋塗装 喜多建設

雨樋の色は通常、黒や茶色が主流ですがこの色も斬新で素敵な色です。

塗ってる自分も気持ちよかったです。

そして、付帯塗装に関しての保証ですが他社のリフォーム会社や塗装会社様だと通常3年位の保証が限界だと思いますが

外壁塗装の喜多建設では家全体の10年保証を付けてますので壁だけ10年保証や後から雨樋は1年保証ですなんて言いません!!

安心して全部の10年保証を付けてますので保証に関しての不安や何かと塗装に関してのご相談等がありましたら是非、外壁塗装の喜多建設へお問い合わせ下さい。

本日も一所懸命!お客様第一で塗った田中です。今後とも宜しくお願いします。

喜多建設 田中佑弥


外壁塗装の喜多建設0120-146-610

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 喜多建設
http://kita-kensetsu.jp/
住所:〒350-1311
埼玉県狭山市中新田484-16
TEL:04-2950-6610(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇